2013年06月09日

「さよなら原発」上映会への参加ありがとうございました

昨日の「さよなら原発」の上映会。午前、午後と2回上映で300人が参加。ありがとうございました。スタッフのみなさん御苦労様でした。    

参加した人は「感動した」「原発が地域を分断、壊していくことがよく出ていた」「こんないい映画が少なくなっている」「元気をもらう映画ですね」「原発なくすことが未来を作ること」「私、映画の『巻町』出身なんです。ネットでみてきました」「もっと多くの人に見てもらいたいね。特に若い人に」「うちの自治体でも計画したい」「次回も期待しているのでよろしく」等などの感想を話されながら帰られました。    

取り組みはいつも大変だけれど、その中で普段かかわりの少ない人たちとも出会え、生活のことや生い立ち、考え方等話会える。楽しいです。今度はあなたも一緒にどうですか。
posted by りっちゃん at 07:32| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

若い人に未来を託す  非核のアピール署名


昨日は一日、宣伝デ―。  

新田辺駅西口で朝、おはよう宣伝。午前中は地域を3カ所のハンドマイク宣伝。  

11時半からスーパー山田屋前で女性後援会の方たちとハンドマイクで橋本問題、アベノミクスに原発とリレー宣伝しながらアッコビラをまく。ここでも対話がはずむ。  

夕方は、毎月6日に取り組んでおられる実行委員会の人と一緒に、新田辺駅前で国連に提出する非核のアピール署名に取り組む。応えてくれるのは若い人が多く、未来に希望が…。  

今日から一般質問が始まります。傍聴に是非おいでください。
posted by りっちゃん at 02:32| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

渡されたバトン「さよなら原発」が京田辺市で上映されます。


 今週の8日土曜日に、京田辺市中央公民館で、「さよなら原発」の映画が上映されます。
 上映実行委員会に私も参加させていただいて取り組んでいます。


 本映画は、日本国憲法誕生の史実とその中に込められた平和、基本的人権への思いを描いた「日本の青空」、医療制度の問題とその中でもいのちを守るために岩手県沢内村での取り組みを描いた「いのちの山河」に続き、「日本の青空」シリーズ
第3弾として作られたものです。

 
 今回は、全国で初めて住民投票で「原発建設NO!」を選択した新潟県巻町(現新潟市)が舞台です。投票率88
.3%。推進派も反対派もみんなで投票した住民投票がなぜ実現できたのか。史実に基づき、巻町民の住民投票に至るまでの紆余曲折、波乱に満ちた様々なドラマを、ある家族の視点を中心に描いていきます。

 
 
昨年 3月11日に発生した東日本大震災。あまりにも多くの尊い命と生活が奪われ、いまだ多くの被災者が不自由な生活を余儀なくされています。この小さな地震国に原発が54基。世界は脱原発に急速に向かっています。輸出等とんでもありません。

 ぜひ見に来て下さい。保育室もあります。


posted by りっちゃん at 09:17| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

日本共産党の演説会にお越しください

 昨日は、実行委員会のみなさんといっしょに取り組んでいる「さよなら原発」上映の宣伝に、スーパー前に立つ。チラシを配布しながら対話になる。

「原発はなくしたほうがいいと思うが、電気料がより上がらないか心配」「活断層の上に原発を作っていると聞くと怖くなる」「全部なくしてしまって大丈夫なのか」などの声。丁寧に1人1人とお話ししていくことが大切ですね。

 午後からは「中学校給食を考えるつどい」に参加。新村洋史さん(名古屋芸術大学教授)の講演は面白く、たいへん勉強になりました。多くの自治体で中学給食をやっていることを基準にして考えるべき。そこから見ると京田辺市は非常に遅れていると指摘。

 知育、体育、徳育すべての土台にあるのが食育。中学生にとって生活のあらゆる面からみて、生きた教材としての給食の重要性が語られた。また、2008年の学校給食法の大きな改正以後の食育をめぐる最新の動向からも、改めて自校調理方式の給食の重要性を学ぶ。

 講演後の交流の中で、子どもを持つ保護者から「教育部長にも、今日の新村先生の話を聞いてもらえれば良かった」「子どもが小学校でもアレルギーで給食で苦労しているので、一律給食でいいのかという思いで来た。でも今日の話を聞いて、給食はこんなに素晴らしいものかと思った」などの声が出された。

 中学校給食の実現に向けて、お母さんたちといっしょに引き続きがんばりたい。
 
 今日は、文化パルク城陽で、午後3時から日本共産党の演説会があります。是非参加してください。
posted by りっちゃん at 04:13| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

6月です。議会に選挙にがんばります。

 いよいよ今日から6月です。議会に、選挙にと忙しい毎日が続きます。消費税の増税と連続する社会保障の改悪、平和憲法を変えようと歴史に逆行する暴走をストップさせたい。がんばります。
6月定例議会が30日の午後から始まりました。会期は6月27日までの29日間です。

 京都市議会で、維新の会共同代表、橋下徹大阪市長の「慰安婦」発言に抗議し、撤回と謝罪を求める決議が全会派一致で可決されました。今回、京田辺市でも日本共産党議員団から、各会派に賛同できないかと呼びかけてきましたが、残念ながら実現できませんでした。また、大阪市議会では市長に対する問責決議案が本会議に提出されました。前日には賛成の意向を示していた公明党が一転、維新の会とともに反対し、同日夜に否決されました。党利党略で動く、公明党の政治的倫理的姿勢が問われるものです。
 人間の尊厳そのものへの冒涜発言が批判されても、謝罪どころか撤回もせず居直りを続ける橋下氏に、公人としての資格はありません。大切なのは歴史を歪める動きを見過ごさないこと。安倍首相やもう一人の「維新の会」代表石原氏の発言など、歴史の逆行は世界には通用しません。


 
posted by りっちゃん at 08:27| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

なぜできないの? 中学校給食

 
現在、市教育委員会が「京田辺市立中学校昼食提供事業(素案)」についてのパブリックコメントを行っています。

意見募集期間は5月15日(水)〜平成25年6月14日(金)まで。 事業計画(素案)の概要をまとめたパンフレットは、公共施設6か所教育委員会学校環境整備課・中央公民館・北部住民センタ−・中部住民センタ−・中央図書館・三山木福祉会館)で閲覧することができ、意見記入用紙もおかれています。また、市教育委員会ホームページにも掲載されています。

この事業は、生徒が家庭から弁当持参ができない時に、外部の業者に事前に注文すれば弁当を配達してもらえるというもので「給食」ではなく「昼食提供事業」です。
提言では「京田辺市議会において中学校給食の実施を求める請願が趣旨採択されたことに伴い、本検討委員会では設置要綱の規定に基づき、中学校の昼食等のあり方や中学生の食育のあり方について検討を行った。その結果、昼食を食べる中学生と、その保護者の希望をできるだけ反映した昼食のあり方として、完全給食を目指すことも考えられるが、必要な生徒や保護者が、必要に応じて注文できるデリバリー方式による選択式弁当が、現時点での京田辺市にとっては最も望ましい方法との結論に達した。ただし、提供する昼食は、安心・安全で、栄養バランスのとれたものであることが求められる。」とあります。
                      
「全国の公立中学校で80.9%が完全給食を実施しているのに、なぜ京田辺には中学校給食がないの?給食を実施して欲しい」という請願の主旨に応えたものになっていません。
       
「昼食提供事業」が京田辺市にとって最も望ましいものなのか。パブリックコメントへみなさんの声をどしどし送りましょう。
  
6月1日に、「中学校給食を考える集い」が中央公民館であります。人間形成にとっての食教育について、子どものための学校給食とは。専門の先生のお話しが聞けるそうです。私も参加して学習してきます。
posted by りっちゃん at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

6月議会の一般質問を提出


 ブログを始めます。日々の出来事や市政・市議会のことなどをお知らせしていきます。まだ慣れていないので読みにくい点もあるかと思いますが、今後ともよろしくお願いします。

 6月議会の一般質問の通告書を出しました。@生活保護基準の引き下げの影響から就学援助の拡充など子どもを守る施策について、A安全でおいしい中学校給食の実施について、B近鉄新田辺駅東地域の整備と活性化について3件の質問を行います。順番は8番で6月10日(月)午前中の予定です。
posted by りっちゃん at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。